『この遺言が父の意思だとはどうしても思えなかったんです』

この言葉は、私が初めて受任した遺言無効確認請求訴訟の依頼者の方の言葉です。

代表弁護士 小池 智康 ⇒弁護士紹介

この依頼者の方は、故人とは親子でした。

故人は妻に先立たれ、徐々に病気がちになってきました。そんな時にも依頼者の方は、故人の入院や要介護認定の手続をするときはその一切の手続をし、保証人にもなって故人を支えました。
その後、故人の認知症が進み、周りの人間が誰であるか分からない程に悪化し、認知症専門病院に転院しましたが、この際、依頼者は仕事の都合で、従兄弟の女性に一時的に故人の面倒を見てくれるように頼みました。

5ヶ月後、故人がなくなりました。依頼者の方は、葬儀の席上で全ての遺産を最後に面倒を看た従兄弟の女性に相続させる、との遺言があることを知りました。

このような事情で依頼者の方は、当事務所にご相談にお越しになりました。

続きを読む

電話・Eメール無料法律相談。弁護士が事案の整理や解決の方向性をアドバイスします。

10.弁護士費用

相続権不存在確認請求訴訟、遺産分割調停・審判、遺留分減殺請求訴訟については、個別にお見積り致します。

11.Q&A

遺言無効.Comってどんな会社が運営しているんですか?

遺言無効.Comは南越谷法律事務所(代表者・弁護士小池智康)が運営しています。
南越谷法律事務所は、埼玉県越谷市にある法律事務所で、取扱い案件の7割~8割を相続問題が占めています(平成27年7月時点)。

相談する際に準備をするものはありますか?

相談時に、遺言書の写し、相続人の関係図、被相続人の病状に関する資料(もしあればカルテなど)、遺産のメモをご準備ください。資料やメモに関しては、相談日までに準備できるものだけで結構です。

Q&Aの一覧はQ&Aのページをご覧ください。

全国対応 無料相談

事前調査のみも受付中20万円(税別)

メールでの問い合わせに迅速に対応させていただきます。原則24時間以内にお返事いたします。

メール・FAX24時間受付:メールフォーム

無料相談をご利用ください。初回60分間無料です。

フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-328-710

相談予約:平日9:00~20:00

営業時間:平日9:00~17:00

無料相談をご利用ください。初回60分間無料です。